2011年06月29日

盛大なお誕生日パーティ

自分の一生の誕生日パーティでもここまで盛大なものはなかったぞ、と確信できるほどの盛大なお誕生日パーティでした。

もちろんちびちゃんの。

盛大といっても日本の結婚披露宴並みではなく、幼児から小学校低学年までの20名弱(プラス親御さん)でしたが。

何が盛大って、2時間ほど貸し切ったお座席はプライベートルームではないので、まるで大宴会場に10グループくらいの子どものお誕生日パーティが一斉に開始〜!という具合。

大宴会場の向こう側のグループが「ハッピーバースデー♪」を歌っていると、中央あたりでバースデーのダンスショーが始まって、こっちはろうそくの火を吹いて拍手喝さい〜!という、なんとも落ち着きのないパーティ。(←というか幼児の誕生日パーティに落ち着きを求めるのは間違っていますが。)

これまでデイケアのクラスメートのお誕生日会にいろいろ招待されていったのですが、どれもお誕生日会など子どもの行事の場所・食事・段取りの提供をしてくれる屋内の施設を貸切りにするスタイルで盛大なものばかり。家を掃除したりデコレーションに時間がかけたりゲームの準備や手料理などしなくてもいいので、特に共働きの親御さんにとっては楽チンパーティ。

ということで夫と意気投合して今年は楽チンパーティでいくことに。さらに、ちびちゃんも、自分のお誕生日もそんな風にしたいという願望があってリクエストに応えてあげたというわけです。

来年はまたこじんまりパーティに戻ってもいいかなっと思っています。

落ち着き度もさることながら、クラスメートを全員招待すると、必ず一部のクラスメートの名前と親御さんの名前が一致できていない、なんて悲惨なこともおこるわけで。せめて小学校にあがるまでは(いや、ずっと)こじんまりがいいかな。

(但し、注意事項があって、小学校以降だと、クラスメートを一人でも招待すると公平さを保つという理由で全員招待しないといけないという学則が学校によってはあるようで、そうなると仕方なさそうですが・・。)

まあ、でも、ちびちゃんが楽しんでくれたのでそれが一番でしたけどね。

こちらのブログで御馴染みのかわいいお友達も来てくれました〜!ありがとう!
posted by ワーキングママ at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。