2012年02月12日

テレビジャパン

先日、渡米して9年目にしてようやく24時間日本語放送のチャンネル「テレビジャパン」に加入しました。
TV_Japan.JPG

私自身、もともと昔からテレビは見ないので、こちらにきてからはオンライン新聞などで毎日のニュースを閲覧したり、エンタメ情報やドラマなどはインターネットの情報サイトや動画などを見てきました。それで十分。

そんな中、何故1チャンネルだけで月25ドルもするテレビジャパンに加入したかというと、すっかり米国人の子供に育っている我が子に日本で放送している子供向けの番組も普通にテレビで見せてあげたい気持ちからです。

今までは、インターネットでブックマークして見たり、日本の通販で日本の子供向けのDVDなどを購入して見ていたのですが、DVRにタイマー録画するだけで毎日子供向けの番組をリビングで気楽に見られるようになって満足。

今後は、日本語の子供たちの集まるプレイデートにも顔を出してみようかな。
posted by ワーキングママ at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

愛車パワー

この広いテキサスはれっきとした車社会。

日本では運転経験ゼロの私。

運転恐怖症に悩まされつつ、渡米した当時は夫の車と共用していました。

そして仕事と生活が軌道に乗り始めた渡米一年後、生まれて初めてのマイカーを手に入れました。

それから7年間、この広いテキサスで毎日通勤の足になってくれました。

出張や家族旅行でちょっと遠出するときもマイカーが活躍。

大きな事故もなく安全運転で8万マイル(約13万キロ)も走ってくれました。

そのマイカーもついに、昨年の秋に引退の時期がきました。

心から、お疲れ様。

そして新しく我が家にやってきてくれた愛車。

マイカーの引退の時期が近づき始めた頃、一目惚れした国産車です。

エクステリアもインテリアもパフォーマンスも一目惚れ。

東日本大震災の影響で一部の部品が製造困難となって予定よりも約半年遅れでこちらに輸出されてきた部品。

そしてこちらの工場で組み立てられて無事完成。

我が街のディーラーさんに並びました。

家族旅行では率先して運転を担当したり、休みの日には少し遠出したくなるお気に入りの愛車です。

これからもよろしく。

Awesome Interior.jpg
posted by ワーキングママ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

「○○ちゃ〜ん、おはよ〜!」

今朝の出勤中、車を駐車してオフィスビルに向かって歩いているときの出来事です。

突然、私の名前を呼びながら後ろから走ってくる女性の声が・・。

「○○ちゃ〜ん、おはよ〜!」

私の名前。

日本人の女性で職場近辺で朝から声をかけてくるような知り合いはいないので、日本語ハングリーな自分はついに日本語の幻覚も起こるようになったのかと一瞬錯覚しながら思わず振り返ってみると、日本人の女性がもう一人の同僚と思われる○○ちゃんという名前の日本人の女性に走って追いついていました。

な〜んだ!

私の働いているオフィス・ビルの一角には日本の領事館やジェトロなどが入っているので、そこで働いているんでしょう。

どこでもドアでジャパン・ワールドにワープしたような一瞬でした。
posted by ワーキングママ at 04:37| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

この半年の間の変化

前回のエントリーから半年以上も経ってしまっています・・。

この半年の間大きな変化がありました。

重なる激務と過度のストレスに伴って心身ともに疲れ果てていたのが前回のエントリー前後でした。

転職願望が高まってきて迷わず転職活動開始。

それから数ヵ月後に、育児と仕事のバランスのとれる理想のライフスタイルを手に入れました。

その数ヵ月後、夫の積極的な後押しで夢の車を購入。

米国移住して約一年後に購入してからずっと忠実に「足」になってくれたマイカーに感謝の気持ちを込めてお別れを告げました。(ちなみに、約7年の間に文句一言も言わずに約8万マイルも走ってくれました。)

そして、夫の提案で、冬休みあたりから我が子に楽しい習い事を始めてあげています。

この提案、大正解でした。体を動かすのが大好きなあの子は毎回楽しみにしています。

新しいライフスタイル、うまく軌道に乗ってきています。

まさに、"Life is Good!"です。

今年は、あんまりお休み期間を延ばさないようにブログ更新していきますので、どうぞよろしく。
posted by ワーキングママ at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

「グリーン」な贈り物

ヒューストンを旅立ってNYに向けてご出発されるお友達ファミリーからこんな素敵な贈り物をいただきました。とっても「グリーン」(環境に優しい)且つなんとも色合いの美しい便箋セットです!大事に使わせていただこうっと!

新天地でのご活躍をお祈りしています♪

Green Gift.JPG
posted by ワーキングママ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

ユニクロ

ユニクロファンになってからかれこれ9年目です。米国に引越してからは一時帰国のたびにユニクロは『行きたい場所リスト』に載せて楽しみの一つになっています。アメリカ国内だとNYのソーホー地区に一店舗あるので、NY出張のたびに時間がとれたら行く場所の候補にあげているのですが、どうも本社からは地下鉄を利用しないといけない距離であることや、なかなか自由時間がうまく調整できなかったりして毎回次回の出張にお預けしていたんですよね。そんなところに嬉しいニュースを目にしました。

時折チェックしている「週刊ニューヨーク生活」の今週版で(日付はなんと明日!)なんと5番街の53丁目と34丁目にニ店舗も年内開店を予定しているではありませんか。特に34丁目店は本社から徒歩圏内。この夏のNY出張ではまだ未完成のようですが、すでにホクホクしています!

UNIQLO.bmp
posted by ワーキングママ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

CooperVisionのVisaデビットカード

以前にエントリーした「メール・イン・リベートの活用」の再続編です。

前回に続いて今回はコンタクトレンズ製造会社からVisaデビットカードが送られてきました。一回ガソリンを満タンにしたらなくなってしまうほどの額ですが、これで遠距離通勤の私の一週間半分のガソリン代が浮きました。

Visaデビットカード↓
Debit Card.JPG
posted by ワーキングママ at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

心からの援助

初めて自分の意思で募金をしたのは高校1年生のときでした。

学校の社会活動部の同級生の友達と制服姿で地元市内の中心街に並んで募金活動をしました。課外活動で学んだ社会問題や国際問題に対して少しでも役立てることはできないか、と考えて皆で声が枯れるくらい活動をしました。10代の自分なりにもちろん問題への関心があり自分なりにまじめに取り組みました。でも、今振り返って見ると先生や周りの人に良く見られたい、という気持ちがなかったとはいえませんでした。

社会人になってからは、低出生体重児(未熟児)研究機関への援助、アフガニスタンなどの戦場の米軍への物資援助、孤児院への援助、乳癌研究機関への援助、重い持病を持つ子供たちへの援助、盲導犬育成機関への援助、一人暮らしの高齢者への食料配達などに関わってきました。でも、どれも勤め先の会社の方針で選ばれた社会奉仕活動の一環でした。それも従業員一人一人の援助額や活動が総務に記録される形で。

この度、誰からの要請もプレッシャーもなく増してや援助をしたことへの評価などという気持ちの欠片もなく、心から助けたい一心に夫婦で話し合い、東日本大震災の被災地の方々への安堵感と復興の願いを込めて少しばかりの気持ちを届けました。

熱いお風呂でゆっくり疲れを癒し、温かい自分の布団で安心してぐっすり眠られて、朝は気持ちよく「平安・平凡」な一日が始められる日々が訪れることを心から祈りいたします。
posted by ワーキングママ at 06:03| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

ベビーシャワーのお土産

先日、職場でランチ持ち寄りでベビーシャワーがありました。プレママは、初産でなんと三つ子妊娠中のスタッフの女性。参加者全員にもらったチョコレートの包み紙に注目!あまりに面白いので写真に収めておきました。

↓表は何の変哲もないベビーシャワー風の包み。
020.JPG

↓裏は笑えます。(本人には笑い事じゃないですけどね!)
021.JPG
posted by ワーキングママ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ワンちゃんのVisaデビットカード

以前にエントリーした「メール・イン・リベートの活用」の続編です。

これまでは小切手が送られてきていたのですが、今回は初めてVisaデビットカードで送られてきました。大量購入したペット用の寄生虫予防薬の製薬会社の名前入りで可愛い犬が五匹並んでいる写真が印刷されたものです。

思わず、子供の頃憧れのアイドルのテレフォンカードなどを使わないで大事に保管していたのを思い出してしまいました。(使うのがもったいないなあ)と思いながら半年間の有効期間があるので早速今日のランチ休憩で使い始めました。全額使い終わっても記念に残しておこう。
Visaデビットカード↓
Debit card.png
posted by ワーキングママ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

NHK語学講座

今春から始まるNHK語学講座の出演者が決まったようですね。

NHK.jpg

思わずNHK教育の語学講座のホームページにお邪魔して眺めてしまいました。というのも、中高生の頃はNHK語学講座に夢中でしたから。中学校入学のスタート時点で、英国圏からの帰国子女や幼い頃から英会話教室などに通っていた同級生との雲泥の差を目前にしてからNHKの基礎英語の虜になりました。それから続基礎英語、英会話、ビジネス英語へと・・・。

毎朝学校に行く前に録音しながら音量をかなりあげて家族への迷惑もよそに仁木久恵先生のお声と共に20分お勉強して、学校から帰ってきて(放課後は習い事で夕方6時台の再放送を逃してしまうので)夕食後に録音したカセットテープを流して同じレッスンを20分間聞いて、さらに他の科目の予習・復習中に寝るまでバックグランドにレッスンを流す。というパターンをほぼ6年間続けました。それに加えて週2くらいの夜のテレビ講座も忘れることなく。

それにしても、当時のイメージとは打って変わってNHK語学講座の先生方のイメージはさることながら、有名人やタレントさんも出演して華やかになったようですね。

余談ですが、学生時代に第二外国語のフランス語で同じ作戦を組んだんですけど入学から数ヶ月で挫折してしまいました。
posted by ワーキングママ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

旧友と繋がるのはフツーの社会

フェース・ブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サイトのお陰で(←ミクシなどニックネーム登録とは違って本名で登録するサイトを指します)、ここ数年間、昔の親友や仲間たちと雪だるま式にどんどん繋がっています。

高校のときに留学していたときの留学先のクラスメートやホストファミリー家族同士で交友のあった親戚や、中高時代の恩師、学生時代のゼミ仲間や恩師、前の職場の同僚や元上司など。さらに遡って幼稚園や小学校のときの同級生とも繋がっています。(←変わりっぷりが面白い!)

(女性の場合、結婚に伴って苗字が変わっているケースばかりですけど、私自身、入籍後も苗字はそのままキープしているので見つけやすいという理由もあるみたいですけどね。)

ただ、最近、虚しさを感じるのは、こういったソーシャル・ネットワーキング・サイトが普及する以前に味わっていた久しぶりに繋がったときの感動が反比例するように希薄化していることです。

ひょんなことで名前が出て友達伝えで繋がったりするとお互いに嬉しくて長電話をして長かった空間を埋め合ったり、再会しようと努力したりしていたのが昔の話になってきていますよね。いまや、(ああ、あの人ね、はい、クリック)繋がりました、という具合。

私は流されずに興奮を大事に生きていきます。目
posted by ワーキングママ at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

メール・イン・リベートの活用

米国で使い捨てコンタクトレンズや愛犬の寄生虫予防薬など一年分まとめて処方箋でもって大量購入するのですが、その際に必ずといって渡されるものがあります。それは、メール・イン・リベート申請方法の用紙です。

小売店の販売促進策であり、メーカー、卸売業者対小売店の間で行なわれるリベート制度は日本では商業慣習となっていますよね。これとは違って、ここ米国では小売店を媒体としてメーカーと消費者との間で「メール・イン・リベート」と呼ばれるリベート制度があり、消費者にディスカウント前の金額で店頭で商品を購入してもらい購入後にディスカウント分を消費者に小切手で郵送支払いするというシステムです。

そのリベート額の比率が結構美味しいんですよね。例えば、1年分のコンタクトレンズを約300ドルで購入したとすると約50ドルほどのリベートがもらえます。なんとほぼ2割!

メール・イン・リベート支払いを受ける一般的な方法は、メール・イン・リベート申請方法の用紙の指示に従ってインターネットで必要事項に記入してその内容が記載された自分宛のメールを印刷し、商品を購入をした日時や合計額や商品名などの明記された受領書や当該商品名を明記された処方箋や医師の診断書、商品のシリアルナンバーの部分等を切り取って同封した上で一定期間内に(← 対象商品やメーカーによっては数日間であったり半年であったりする)指定された住所に郵送します。

記入漏れ等なければ通常1−2ヶ月以内にメール・イン・リベート申請方法の用紙に明記された通りの金額の小切手が送られてきます。

このリベート制度、日米でご活躍中の流通コンサルタントさんのブログ「激しくウォールマートなアメリカ小売業ブログ」によると、実際にこの時間と手間のかかるメール・イン・リベート申請を間違いなく行なってリベートの恩恵を受けている消費者は購入者の3分の1にもならないとか。残りのメール・イン・リベート請求されない3分の2は小売店の懐に入るというわけなのです。こうやってビジネスが成り立っているわけで。

(以前に1年単位での留学経験などはありましたが)米国に住み始めた当時は新しいことばかりでリベート制度など意味がいまいち分からない上に、余計なことをして個人情報が漏れる方が恐ろしかったのでスルーしていたのですが、一度このリベート制度の恩恵を受けてからは、メール・イン・リベートを活用しないと損をしているような感覚になるほどです。まるで、割引券を持っているのにお財布に入れたまま使わないでいるような感覚でしょうか。

ただし、一部のメーカーが消費者からのメール・イン・リベートの支払いを不合理的に拒否したり不当に手続きを怠ったために訴訟に発展するケースも多数あるようです。警戒心を持って下調べをした上で楽観的に扱った方が良さそうですが、郵便ポストにリベートが届いた日は宝くじでも当たったかのような気分になりますから米国にお住まいの皆さんで手間を掛けてリベートの恩恵を受けたい方にはお薦めですよ。

もう一本注意事項:一旦小切手が届いたらこれまた指定期間内に銀行で現金化しないと無効になってしまいますから気をつけましょう!
posted by ワーキングママ at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

新年明けましておめでとうございます♪

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

年末は大晦日まで仕事に追われてしまって、年末年始の雰囲気を味わえたのは大晦日の夜にNYタイムスクエアから全米に中継されていた年越しの歌の祭典をちびちゃんと一緒に見ているときでした。

盛り上がったのは、高校生のときにアイドル的存在だったバンドで数年前に再結成した彼らが懐かしのヒット曲メドレーをしてくれたときでした。興奮も冷めないまま(NY時間にあわせた中継番組なので、ここテキサス時間と1時間のずれがあり正確にはこちらはまだ11時だったのですが)一緒にカウントダウンをして新年を迎えました。そして、ご近所さんたちは例年のごとく空高く大花火大会。

↓ 中継の様子

そのバンドが初夏に全米&カナダツアーでここヒューストンで再びコンサートをしてくれる情報を入手して即効アリーナ席をゲットしてホクホクの新年の始まりとなりました。ちなみに一緒に行くお友達は一緒にバンドの歌を歌って踊って語り尽くした高校時代の同級生です。
posted by ワーキングママ at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

Ann Taylor

まだ日本には上陸していないのが不思議なほど日本人体型に合っていて、米国の女性向けのアパレルにしては珍しいほどの可愛さ&上品さ&繊細さがうまくミックスされているAnn Taylor。仕事用の洋服の半分以上はここで調達しています。

ちょうど5年前のエントリーでもこのお店への愛着心を綴ったことがありますが、ずっと一途で好んでいます。普通サイズだとどうしても大きめになってしまうので、背の低めの私にはpetiteサイズの中でも一番小さいサイズになってしまうのですが、着心地が良く色遣いも落ち着いたキレイさがあるのでどの季節も愛着しています。

この秋冬物は、少し華やかながらも落ち着きがある厚手の長袖ワンピース(sweater dressのカテゴリー)に一目惚れして数着揃えました。普段はパンツルックばかりなのですが、膝丈で体のラインをキレイに見せてくれるワンピースなので気に入っています。

職場でAnn Taylorが好みの女性が結構いるので会話も弾むんですよね。米国内のオフィス環境で働いている日本人女性には太鼓判を押しておすすめしますよ。

ちなみに、姉妹店であるAnn Taylor Loftはカジュアルな雰囲気のある洋服が揃っています。

↓先月中旬ショッピングに出掛けたときの一枚です。
もうクリスマスの飾り付けがしてありました。
Ann Taylor.JPG
posted by ワーキングママ at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

『ジャパン』三昧のNY出張

今回も『ジャパン』三昧のNY出張を満喫してきました。

今回で、6回目のマンハッタン。NYの観光の目玉であるブロードウェイのミュージカル、5番街、自由の女神像、セントラル・パーク、二段バス観光ツアー、世界貿易センタービル観光(同時多発テロ前のビル観光&テロ後のグランド・ゼロ)、日本選手の活躍する野球観戦など一通り廻っていて、かつ、大学院留学時代には大学院主催のニューヨーク証券取引所&ウォール街ツアーなども参加していたので、今回も、米国内在住の身として、あえてニューヨークでしか体験できない『日本の香り高き場所』に絞って堪能してきました。

とは言っても半日しか自由時間はとれなかったので(出張中に自由時間がとれるだけでラッキーでしたけど)タイムズスクエア周辺の徒歩移動範囲内の店舗を超特急でまわってきました。それが、なかなかの大満足の超集中型『ジャパン巡り』となりました。

『ジャパン巡り』のお品書きは以下の通り。

☆Bryant Park向かいの紀伊国屋書店
 (何冊か単行本をゲット&息子に宮崎駿映画のキャラクターグッズ購入)

☆同店内二階カフェでBryant Parkを眺めながらお惣菜弁当とお茶でランチ

無印良品のタイムズスクエア店でウィンドウ・ショッピング

BOOK-OFFで欲しかった日本の歌姫のCDをゲット
(店舗拡張移転して間もない店内は活気に満ちていました)

☆高校交換留学時代の懐かしいホストファミリーのNY在住の親戚と『田舎家』で大満足の握り寿司ディナー

☆Hell's Kitchen地区にある可愛らしい日本のデザート専門店『京都府』でほっくりティータイム

NYにして日本の雰囲気に酔いしれた『ジャパン巡り』でした♪

Maccha pudding.JPG
↑紀伊国屋書店二階のカフェでいただいた抹茶&小豆プリン
(バックグランドはBryant Parkです。)
posted by ワーキングママ at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

わんぱく小学生たちのママ役

先週、夏時間になってから毎夕、毎週末、日が沈むまで二歳の我が子も一緒に近所の小学生の子供たちと外で遊んでいるのですが、親御さんたちが家から出てきて監視することはめったにありません。ということで一度に5人以上の子供たちの親役になってしまうわけで、私の周りにピーチクパーチクとやってきて賑やかになります。

大抵アウトドア用の椅子に座って読書をしたり、園芸もどきで庭のお手入れをしてみたり、家の前の掃除をしてみたり、と我が子が遊んでいる間の時間を有効活用するようにしています。

ただ困ったシチュエーションになるのは、仕事の疲れが出ているときや週末の午前中ゆっくりしたいときに同時に3〜4人の子供が(英語ですが)こんな具合になったとき。

「見て見て〜、ボク(わたし)こんなことができるんだぞ〜!」
「OOっていう映画みた〜?え〜見てないの〜?DVD貸してあげるよ〜!」
「OOで遊びたいから、OO持ってきて〜!」
「見てみて〜、新しいOO買ってもらったんだ〜!すごいでしょ〜!」
「香り付きのリップクリーム塗ったんだ〜、匂ってみて〜!何の匂いか当ててみて〜!」
「自転車のチェーンが外れちゃったよ〜、こっちに来て直して〜!」

でも、冷静に、冷静に。

「一人ずつ話さないと何も聞こえないよ。」っといって右から当てていきます。どう考えても甘えん坊の要望は自分たちでやらせるように教育したりしして(なんで家の中で自分の時間を愉しんでおられる親の子供の教育まで・・とよぎることもありますが、ここは落ち着いて)。

その他、ここ数ヶ月ブームとなっているのが縄跳び。小学生のときに得意だった縄跳び。突然火がついたように身体は記憶していました。かけ足跳び、交差跳び、あや跳び、二重跳び、はやぶさ・・・体重は小学生のときよりずっとずっとありますけど、身体って覚えているものです。

すると、"WOW...."とエコーさせながら、集(たか)ってくる、集(たか)ってくる!子供たちはみんな各自自分の縄跳びがあるるのにガレージに取りに行かないで私の日本産の縄跳びを競うように使いたがるんですよね。気がついたら子供たちと私と我が子でみんなで縄跳び大会なんぞしていることもあります。

あるときは、『アルプス一万尺』の振り付け(何十年ぶりでしょうね〜でも身体で覚えているものなんですよね、不思議と。)を女の子たちに教えてあげたり。小学一年生の女の子は2日間で完璧マスターして朝から寝るまでそればかり頭にあるとか。

他人様のわんぱく小学生たちのママ役も、思考転換してみると子供になった気分で楽しめてそんなにストレスフルにはなりません。ただ、これからの季節、紫外線対策をしないと夏の終わりにとんでもないことになりそうですけどね。
posted by ワーキングママ at 06:45| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

春休みに入った子供たちは連日お祭り

今週は公立の学校が春休みに入っています。子供たちの春休みに合わせて有休をとる親御さんも多いので、お陰で通勤ラッシュの渋滞がかなり緩和されて快適なのですが、毎朝、近所の子供たちはお祭り模様です。

まず、午前8時過ぎごろ玄関のチャイムが鳴って「(我が子と)あ〜そぼ!」コール。その15分後あたりに目をキラキラさせながら別の子供が我が子の名前を呼びながら玄関のチャイムを何度も鳴らして興奮気味。

まだ幼稚園にも入園していない我が子にはSpring Breakなんぞないわけで、こちらは、平日の朝と何ら変わらず仕事に行く支度をしながら朝食の準備と我が子のデイケアの準備もしていますから(いったい親は何を教育しているのか〜?)といいたくなるところ。また、毎回(近所の子供たちと一緒に外で遊べるんだ〜!)とワクワク反応する我が子を落ち着かせて今日は普通の日だとお話しないといけませんから、それでなくても朝は忙しいワーキングママにとってはイライラの材料。

でも、ここは可愛い近所の子供たちですからフレンドリー調に『退治』。

日曜日に時間帯がサマータイムに変更したばかりなので、日も長くなっていますから、夕方帰ってきてからでも外で遊べる時間はたっぷりあるのでそれで十分です。
posted by ワーキングママ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

アンジェラ・アキさん

マリソル女性雑誌のオンライン版で安藤優子さんのコラムが記載されています。

Photo.jpg昨年4月号に、シンガー・ソングライターのアンジェラ・アキさんがインタビューされていました。日本人のお父様とイタリア系アメリカ人のお母様の子供として高知で育ち、その後岡山に引っ越してからの『ハーフ』として身の狭かったエピソードやハワイでの『マクドナルド号泣事件』にいたるあたり、切ない気持ちになりました。

posted by ワーキングママ at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

宇多田ヒカル

Utada.jpgなんだかこの世の動きについていけていないようですが、昨年の春、宇多田ヒカルが米国発売二弾目になるアルバム"This Is The One"を出したとほぼ同時に米国の何箇所かでプロモーション活動をしたようですね。さらに、来週からは全米ツアーが始まるようです。(全米といっても東海岸と西海岸中心ですが)

一部の曲をネットで聴きましたが前作『Exodus』よりも、全体的にスムーズな曲調のR&Bで仕上がっていて個人的にはずっとずっと好みです。

プロモーションで米国内のTVやラジオ番組でインタビューされている動画を見たのですが、彼女、かなり落ち着いていますね。昼夜の全米トーク番組にゲスト出演する米国の芸能人とホストとのポップでスパイスの効いた会話のキャッチボールを見慣れていたのである意味新鮮でしたが、『アメリカン』なアーティストの雰囲気とは違う印象を受けました。

というのもこれまでは日本のバラエティ番組や歌番組にゲスト出演している彼女の印象しか見たことがありませんでしたから、そのギャップといいましょうか。シンガーソングライターとして英語でシリアスに語る彼女の様子はなかなか新鮮でした。彼女自身、『自分はアメリカンでもなくジャパニーズでもなくその中間のどこにも属さないところに常にいる。』、と(英語で)言っていますが、それがそのまま彼女のしぐさや考え方やコミュニケーションの仕方に自然に反映されているのではないかという印象を受けました。

二つのカルチャーがミックスしてさらにプラスアルファーされたような領域に生きてきた証のような感じでしょうか。これは日本のデビューアルバムで英語と日本語を不自由なくスムーズにスイッチオン&オフした歌い方から分析済みですけど、たとえば、日本で有名人であるが故に外出は大変ではないかという質問に対して、『私はよくコンビニとか一人で出没しますよ。』という彼女。英語トークながらもコンビニ世界の日本人の感覚がそのまま英語になった『日本人頭脳イングリッシュ』が伺えます。ただ、彼女のちょっと恥ずかしめいたかわいい笑い方は日本人発祥型ですけどね。

皆さんもご存知のようにニューヨーク生まれで日米を生活の拠点として育ち活動している彼女に対してアメリカ人ファンなどが、"Your English is very good!"なんと言うそうで、その彼女の反応には笑ってしまいました。"Well, so is yours."まさにその通り!もともとジャパンで大成功していることを前提にジャパニーズ・アーティストがアメリカ進出、という視点をもって彼女の生い立ちを知らないアメリカ人の口から出てしまうのでしょう。それからアメリカン・アメリカンしていない彼女の装いや態度などからもそんな誤解を生んでしまうのかもしれませんね。

インタビューで何度も『ジャパニーズ・ブリットニー』だとか『ディバ』というまわしで紹介されたときの彼女の反応には拍手します。ハリウッドの問題児ブリットニー・スピアースなどと比較したがる無知な相手の機嫌を損ねない程度にうまく説明している彼女の姿に逞しささえも感じました。数年違いで(彼女の方が先にデビュー)同年代でデビューして爆発的に人気を得たという面では類似しているけれどもそれ以外は全然違いますよ、ときちんと唱えてましたもの。素晴らしい、その通り。

特に『ディバ』という言葉。そのまま訳すと歌姫ですが、英語では間接的に、わがまま、身勝手、女王様気取りという意味合いもあり、ダイアナ・ロスやマライヤ・キャリーなどの形容詞としても使われるほどです。相手はそんなつもりはなく、宇多田の日本での活躍や知名度を評価していたにすぎないのでしょうが、こちら、まるで"lost in translation"症状(彼女の言語問題がどうといっているのではなく当事者同士の思考回路の途切れを指していますので誤解なく!)が少々起こっている場面もあったようですが、こちらでも事実関係をうまく整理した彼女の姿がありました。

老婆心から少しアドバイスするなら、もう少しオーラをもたせる訓練したらさらに輝けると思いますね。プロモーション後半の日々はどうも疲れ気味だったようでラジオのDJからも、それを察しられたり、トーク中に机に肘をついて目の前のゴミで指遊びしてみたり、米国内発売日と当日の日にちを把握できていなかったりすると、いくら地方のラジオ番組だとしてもこれから米国で大物を目指している『新人』アーティストとしてはちょっと疑われてしまう可能性がありますから。

それから海外ですでに確立している大物アーティストのオーラをもたせるためには、コミュニケーションをもう少し豊かにする工夫をしたら魅力が増すのではと思いましたね。時々やや反抗型になってしまう彼女の返答スタイルから卒業する工夫ですね。(←上記の無知な質問は例外として)世界的に成功している大型アーティストや大型女優さんのインタビューなどをお手本にしてみると伝えたいことが分かってもらえるのではないかと思います。ただ、こればかりは年齢や経験と比例していますから時間もかかりますけどね。

ともかく、彼女のアメリカでの第二作に乾杯!新人大型アーティスト(初のアジア系女性!)Utadaとして大成功を祈っています。
posted by ワーキングママ at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。