2011年03月11日

愛犬にバースデーEカード

先日、愛犬に獣医さんからバースデーEカードが届きました。今まで、検診や予防接種のリマインダーは郵送で送られてきたのですが、獣医さんも数年前からペーパーレス化に踏み切ったようで。ペットのバースデーEカードねえ。面白い時代になったものですね〜。

↓こちらがそのバースデーEカードです。

http://www.sloppykisscards.com/partnerfetch.php?partnerid=vetinsite&partnerAffiliateId=3242&cardId=frz8pv459k
posted by ワーキングママ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

愛犬が中耳炎

愛犬ビーグルが慢性中耳炎のようで週末に獣医さんに連れて行っています。たれ耳のビーグル犬などは耳道の通気が悪いため最近の繁殖が起こりやすく中耳炎になりやすいとか。先々週はステロイド剤を打ってもらって、抗生物質をあげて3週間目に入りました。前ほど首を振ったり耳をかいたりすることはなくなったのですがやっぱり心配なのでしばらく通院が続きそうです。早く良くなってくれるといいな。
posted by ワーキングママ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

愛犬のいる生活

<ブログ引越前の2005年8月の記事>

夫も私もペットのいる家庭で育ったため結婚後もずっと欲しかった犬。先日お伝えした通り我が家にも子犬がやってきました。「子供が出来ると人生変わるよ。」といつも聞いていましたが、今の私たち一家は、まさに、「ペットを飼うと人生変わりつつあるよ。」状態です。

最初の数日間は新しいドッグフードや環境の変化などによる緊張で下痢気味でした。消灯時間になると喉がやられてしまいそうなくらいクンクン泣き続けていました。そんな彼も3週間目を迎えた今は私たちとの生活にもすっかり慣れてきて、「裏庭の主(ぬし)」のような顔をして隅から隅まで毎日匂いを嗅いで自分様の領域を確保・確認しています。小さな体で踊るように歩いたり走ったりするしぐさは愛嬌たっぷりです。風に吹かれて少しでも草が動いたものなら片方の前足を上げてしっぽをまっすぐ上まで立たせて一目散にターゲットへ向けて駆けていきます。庭の反対側で何か変わった匂いや動きを察したものなら、全身を集中させてまた一目散に超特急。水遊びが大好きで特にホースから出てくる水はたまらないようで必死になって追いかけて1分も経たないうちに全身びしょ濡れになります。

毎週末に通っている犬のしつけクラスでは、どの犬たちよりも一番興奮状態でみんなと一緒にいるのが大好きな彼。本当に嬉しそうで教室に入室する直前から退室するまでの約1時間ずっと忙しくしっぽを360度振り続けています。とにかく会う人、会う犬、みんなに愛嬌を振りまかないとすまないようです。

我が家にやってくる前に母親、兄弟たち、たくさんの保護された様々な性格の「老若男女」の仲間たちとしばらくシェルターで暮らしていたお陰でしょうか、物怖じすることもなくとにかくフレンドリーな子犬です。

毎週、クラスに出るたびに大注目を浴びる彼。教室にいろんな犬がいてもガラス越しに見学している家族連れや子供たちの目を引いてしまうようです。自分のペットが世界で一番可愛いと思う心理が働いているのでしょうか。家にいるときはあれだけたくさん遊んであげているお陰で私もここ数週間でかなり日焼けしてしまったのですが、まるで全然人間様に遊んでもらっていないようなしぐさで、夢の中ではしゃぎまわっているとき意外はずっと愛嬌を振りまいてくれます。

私が小学生のとき家族の一員としてやってきて実家で一緒に思春期を過ごしながら育ったプードル犬がいました。鍵っ子だった私は祖父とプードルといつも一緒でした。(昨年、両親からそのプードルくんが安らかに天国に旅立ったと聞きました。一緒に遊んだ楽しい年月や、落ち込んでいるときに側に座ってずっと静かに見守ってくれた姿・・・天国で先祖に守られて幸せに走り回っていることでしょう。)

そして今はビーグルのミックス犬。我が家の「やる事リスト」が倍になったけれども、その分、溢れんばかりの愛嬌で笑顔や爆笑をもたらしてくれます。愛犬のいる生活は本当に素晴らしいですね。職場にいても写真を見てはうっとりとして抱きしめてあげたくなります。

愛犬が欲しいのにずっと決断が延びきっているこのブログをお読みの皆さんも、ペットOKのマンションなどにお住みであれば今週末にでも飼い主を必要としているワンちゃんたちに話しかけてあげてください。
posted by ワーキングママ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

三連休が五連休に

テキサス州中心部への寒波の到来で昨日は珍しい雪景色。気温は零下を記録しており道路は凍結状態です。お陰で三連休が五連休になりました。少々の寒波の到来で麻痺してしまうこの街。雪国の人たちには笑われているでしょう。明日は平常通りに戻るようです。

近所の子供たちはソリを持って楽しそうに雪遊びをしています。愛犬たちも大喜びで、凍った裏庭をシャリシャリ、ザクザクと探検しています。

2007-1-16 020web.JPG
posted by ワーキングママ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

ワンちゃん満載のCM

白闇さんのご要望にお答えして私の好きなワンちゃんたち満載のコマーシャルをリンクします。

まずは、各ビールのコマーシャルやペプシコーラなどの複数のコマーシャルが5分少々にまとまったものから。アメリカンテーストの面白いものばかりです。

http://www.youtube.com/watch?v=AX4M4oHpBXI

次にドッグフードのコマーシャルでワンちゃんたちの表情をうまくとらえたもの。

http://www.youtube.com/watch?v=Aum48scCQOY&NR

もう一本、健康ドッグフードのコマーシャルで独身男性とワンちゃん2匹のある朝の様子。最後笑ってしまいますが実際にありえるのかもしれませんね〜。

http://www.youtube.com/watch?v=902RsQzgIiE

最後は、一番お気に入りのコマーシャル。全米に店舗をかまえている大型ペットグッズ販売店(兼ペットホテル・獣医・しつけ教室等)のコマーシャルです。愛らしいダックスフンドの30秒間の物語です。

http://www.youtube.com/watch?v=1UoR3jwgpU8

やっぱりワンちゃんのいる生活はいいですねえ。
posted by ワーキングママ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 愛犬物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

愛犬たち

我が家の愛犬たちの写真をご披露!

d0034937_432542.jpg

Profile.jpg

以下は二匹が子犬だった頃の写真です。

untitled3.jpg

untitled2.jpg

untitledo.jpg

untitledp.jpg
posted by ワーキングママ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビーグル犬 Handbooks

<ブログ引越前の2005年12月の記事>

ペットショップでこんな本を買ってしまいました。

d0034937_10573022.jpg

たかが犬といわれればごもっともなのですが、愛犬の心理や行動意識をもっと知りたいのでつい手が伸びてしまいました。もともとイギリス出身で狩猟用に活躍していたビーグル。それに警察犬も混ざっています。成田空港で検疫犬として注目を浴びた最近のニュースでもご存知のように両犬とも空港などで鼻を利かせて大活躍しているブリードですから訓練すれば相当賢くなれるはずなのですが、まだまだ愛嬌ばかり振り回して飛び回る子犬のようです。
posted by ワーキングママ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のリハビリテーション法

<ブログ引越前の2005年11月の記事>

米国で爆発的な人気を浴びているシーザー・ミランをご存知ですか?

全米版の教育番組National Geographic Channelで放映されている”The Dog Whisperer”という犬の訓練番組に出演しているロサンジェルス在住の犬の訓練士です。ミラン氏は、地元に”Dog Psychology Center”を設立して猛犬の心理的側面からのリハビリテーションを専門に活動しています。

"The Dog Whisperer"では、飼い主の要望でミラン氏が飼い主宅に出向いて、飼い主から相談を受けた上で犬と対面して悪い癖などをリハビリテーションしていきます。四六時中吠える癖のある犬、飼い主を傷つけるほど噛み付き癖のある犬、しっぽから血が出るほど自分のしっぽを追いかける癖のある犬、散歩中すれ違う犬に噛み付こうとする犬など様々な問題を抱えた犬の癖をリハビリテーションしていきます。

ミラン氏のモットーは、「犬に心理的リハビリテーションを施し、飼い主に教育を施す」です。つまり、飼い主が犬の性質や欲求を理解出来ていないまま(人間への訓練)愛犬が飼い主の思うように行動することは望めない、というわけです。また、単純に「お座り」などのコマンドを教えるだけではなく、犬の心理を理解した上で犬の性質や性格に見合った心理的リハビリテーションを施すことによって犬本来のポジティブな性質が発揮されるというわけです。

心理的リハビリテーションを施している最中、ミラン氏は決して声を上げて怒鳴ったり叩いたりしません。長年問題を抱えていた犬も、彼の独自のリハビリテーション方法により彼の手に渡ったら数十分から30分の訓練で悪い癖をリハビリテーションしていきます。愛犬の行動の変化を見て飼い主は「魔法のようだ」と驚きます。(裁判沙汰になりそうな危険信号の高い猛犬の場合はミラン氏の訓練センターで数週間の訓練を必要とするようですが。)

ここで最も大事な部分は、飼い主との服従関係を明確にすることだそうです。犬の脳裏には必ず上下関係がありますから「可愛い、可愛い」と甘やかせるだけで服従関係を明確にしていないと自分がボスだと思わせることになり、飼い主の言うことはまったく聞かなくなります。そこが一番の問題となっているようです。犬は、一度服従関係を自分の中で確立させると必ず”Pack leader”に従う動物ですからそこを確立することが重要な鍵となるようです。

また、ミラン氏曰く、家族の一員として犬を飼うにあたって重要な3点(Exercise, Discipline, and Affection)のうち、問題がある家庭ではAffectionだけそそいでExerciseやDisciplineが満たされていない場合がほとんどだと言います。

犬の「しつけ」を超えた犬の「心理」の学習にお薦めの番組です。愛犬と共に生活しているアメリカ在住の皆さんにはお薦めの番組です。日本でもケーブルや衛星などで放映されるようになると人気番組になるのではないかと思います。
posted by ワーキングママ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。